Node-RED on Intel Edison

公開日: : 最終更新日:2014/11/22 NodeJS, Node-RED, OSS , , , , , , , , ,

Pocket

IoT/M2Mに有用なOSSであるNode-RED(個人的見解)を先月末に日本でも発売されたIntel Edison上で動かしてみます。

※Node-REDについては[enebular][Node-RED][IoT][Treasure Data] Node-REDで簡単アプリケーション開発とか[enebular][Node-RED][Salesforce][box][S3] Node-REDでSalesforceデータをCSV化してboxとS3へ保存を参照してください(宣伝)

まず、Intel EdisonのセットアップについてはIntel Edisonのセットアップを見てやりました。

ハマりどころはマイクロUSBケーブルが2本いるってとこですかね(MacBook ProはUSBポートが両側に別れてて苦労したw)で、こんな状態に…

ed

まあ、それは冗談としてLinux慣れてる人はハマらずいけると思います。

次はNode-REDなんですが、Intel Edisonには最初からnode.js入ってるので普通にNode-REDを動かすだけです。

もちろんNode-REDリポジトリからcloneして動かしたって良いですが、今回はついでなので別のexpressアプリにNode-REDを読み込んで動かす方法を書いておきます。

# node -v
v0.10.28
# mkdir node-red
# cd node-red
# npm install express node-red

あとは最小構成でNode-REDを動かすためのexpressアプリを書きます。

# vi app.js
var http = require('http');
var express = require("express");
var RED = require("node-red");

// Create an Express app
var app = express();

// Add a simple route for static content served from 'public'
app.use("/",express.static("public"));

// Create a server
var server = http.createServer(app);

// Create the settings object - see default settings.js file for other options
var settings = {
    httpAdminRoot:"/red",
    httpNodeRoot: "/api",
    userDir:"/home/nol/.nodered/",
    functionGlobalContext: { }    // enables global context
};

// Initialise the runtime with a server and settings
RED.init(server,settings);

// Serve the editor UI from /red
app.use(settings.httpAdminRoot,RED.httpAdmin);

// Serve the http nodes UI from /api
app.use(settings.httpNodeRoot,RED.httpNode);

server.listen(8000);

// Start the runtime
RED.start();

起動してみます。

# node app.js

Welcome to Node-RED
===================

12 Nov 08:54:51 - [red] Version: 0.9.1-nocolors
12 Nov 08:54:51 - [red] Loading palette nodes
12 Nov 08:54:55 - ------------------------------------------
12 Nov 08:54:55 - [red] Failed to register 8 node types
12 Nov 08:54:55 - [red] Run with -v for details
12 Nov 08:54:55 - ------------------------------------------
12 Nov 08:54:55 - [red] Flows file not found : flows_node-red-edison.json

だいぶモッサリしてますが…起動しました。ポート8000で起動したのでブラウザからはhttp://<edisonのipアドレス>:8000/redでアクセスできます。

red

Workspaceが表示されました!

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


PAGE TOP ↑